まず与えよ!! 返答性の法則

コミュニケーションで非常に大事な法則、それは返答性の法則です。
心理学の世界では、返報性の原理(法則)と呼ばれますが
敢えて返答性の法則と呼びます。

 

これは簡単に言うと、だれかから何かをしてもらうと、相手にお返ししなければ
いけない(返答しなければならない)という心理が人間には働くということです。

 

別にお金がかかった贈り物でなくても一切問題ありません。
何かしてもらったという行為に対して働く効果だということです。

 

サザエさんで、カツオ君が何かおねだりしたい時に、あからさまに父波平の
機嫌をとろうと、肩を揉むアレです。カツオ君は知っています。

 

ギブ&テイクというか寧ろ、ギブ&ギブ&ギブで行ったほうが効果は高いと言えます。

 

相手からすれば、どうしてここまでしてくれるのか、という気分になり
こちらからも何かお返ししないと、ということになります。

 

簡単なことでかまいませんし、お金もかけなくてもいいのです。
あなたのちょっとした労力と時間を使って相手に何かをしてあげればいいのです。

 

突然、高価なものをプレゼントされてもとっても怪しまれるだけなので
やらないほうがいいです。それはあなたが同じことをされたとしても
同様の感情を受けると思います。

 

美味しかったお店を教えるとか、イベントや遊びに誘うだとか
そんな程度でいいのです。それを数こなしていくわけです。

 

お金は必要ありません。

 

それにより、相手はあなたにも何かしてあげなければいけないと
考えてしまうのです。

 

なにもしていない状態で、仲良くない相手にお願い事をしても
断られるだけですし、何も与えてはくれません。

 

まずこちらから、与えまくることによって、少しずつ関係ができて
いきます。

 

これはビジネスでは非常に強力な法則となります。
十分すぎるサービスを先に提供することによって、他よりも
値段が高いのにもかかわらず買ってもらうというビジネスがたくさんあります。

 

無料で配るサンプルというものが、一番の例です。
無料で配ることによりたくさんの人がその商品を手に取ります。

 

また無料だということで、たくさんの人が口コミなどで広めます。
たくさんの人が使っているということで、また一回使って気に入ったなどで

 

その商品を購入するにいたるわけです。

 

またスーパーの試食も同じ原理です。先に食べることにより
タダで食い逃げは、嫌な気分になってしまうため、買ってしまいます。

 

こういったように、返答性の法則は非常に強力であり、さまざまな
ところで応用されています。

 

この原理を理解し、よりより良いコミュニケーションやビジネスで効果を
上げましょう。

 

 

 

 

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について