お金持ちになるとはどういうことなのか

お金持ちになるということはどういうことなのでしょうか。
一般的に富裕層と呼ばれる人の定義は、投資できる資産が100万ドル以上の

 

人のことを言います。1ドル120円であれば1億2000万円のお金や株などがを
持っている方です。日本では2014年で270万人ほどだそうです。

 

そもそも、あなたがお金もちになりたい理由はなぜでしょうか。
それだけ資産があれば一生遊んで暮らせるからでしょうか。
高級マンションに高級外車、ブランド品を身に着けたいからでしょうか。

 

年収1億あっても、借金がそれ以上ある人はザラです。
生活レベルも付き合う人や年収に併せて自然と上がっていっていまいますから
いくら富裕層といっても今すぐビジネスをやめてしまったら食べていけなく
なってしまう人はたくさんいます。

 

一見、セレブなたたずまいをしている人でもそうなのです。
つまり、状況としては、変化していないことになります。

 

それでは反対に、今あなたがもらっている年収を、あなたが働かなくてももらえるとしたら
どうでしょうか。富裕層ではなくても一生遊んで暮らせるということにはなりませんか。

 

確かに贅沢な遊びをすることは、できないかもしれませんが、あなたが今暮らしている
生活はそのまま維持できます。

 

自分が働かなくても生活に困らないことこそが、本当のお金持ちであると言えます。
これを「経済的自由」と言います。これを目標とするべきです。

 

それでは、経済的自由になるには、どうすればいいか。
それができるための貯金をしようとしても無理があります。

 

転職を考えてもいいですが、失敗した場合状況は悪化します。
そこで、自分の資産を持つことが必要となってきます。

 

資産とはなんでしょうか。
資産とは自分が働かなくても勝手にお金を稼いでくれるものです。
自分が働かなくても入る収入のことを不労所得といいます。
株式や不動産、権利収入、サイトアフィリエイト、それと自分でビジネスをするということです。

 

自分でビジネスをすることで、お金を稼げる仕組みを作ることです。
もちろんはじめは、自分で仕事をしなければいけませんが、チームを作り、仕組みをまかせる
ことによって資産となります。ビジネスが大きくなればなるほど、自分が求める収入が少なければ
少ないほどゴールが近くなります。

 

ビジネスとは言っても初めから借金を背負うビジネスはオススメしません。

 

それでは失敗した場合さらに状況は悪化してしまいます。
なるべく少額からはじめられるビジネスを行い、少しずつ資産を大きくしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について