資産と負債の考え方は覚えておきましょう

資産と負債というものを聞いたことがあります。
資産と負債とはいったいどういうものなのでしょうか。

 

資産は「あなたが働かなくてもお金がもらえるもの」です。
もっと言えば「あなたが死んでも勝手にお金が定期的に入ってくるもの」です。

 

反対に負債は「あなたから無条件でお金をとっていく」です。
もっと言えば「あなたが死ぬことで誰かが変わりにお金を払わなくてはいけないもの」です。

 

そんなことを言えば誰だって、負債は持ちたくないと思います。
ですが、現実にほとんどの人が負債を持っています。

 

例えば、あなたがクルマや家を持っていたとします。
これは資産だという考えの方もいると思いますが、さきほどの話で
「あなたが死んでも勝手にお金が定期的に入ってくるもの」に当てはまりますか。

 

レンタルさせていない限り、そうならないはずです。
つまり負債です。

 

あなたの生活費と負債の支払いがある限り、一生どこからかそれを
支払うお金を得なければいけません。
ということは一生働かなくてはいけません。

 

定年退職後は年金があるから大丈夫と考えるかもしれませんが
今の年金の仕組みでは満足に生活できない状況であるということは
わかっています。

 

あなたの将来の支給額は、家に書面が届くはずです。確認してください。
また年金の支払い額は年々上がっておりますし、支給する年齢については
どんどん遅くなっています。そして企業が定年を延長したり、定年退職後も
再雇用という形で従業員を雇っています。

 

このまま何も変えなければ、一生働かなくてはいけません。
その瞬間が訪れたところで、もう間に合わないのです。

 

その状況を踏まえた上で、負債ではなく資産を作っていかなくてはいけません。
資産を作るのは非常に時間がかかります。ですから早くはじめるに越したことは
ありません。

 

目標はシンプルです。あなたが払っている生活費と負債の総額を資産からの収入
でまかなうようにすればいいのです。

 

そしてそれを今からはじめればいいのです。
あなたの持っている時間とお金を資産に投資することです。

 

あなたがサラリーマンであれば、少しでも収入を上げて、生活費と負債を減らし
できたお金と時間で資産に投資します。

 

資産に投資ということは、具体的に何でしょうか。
株や不動産があります。そちらに興味を持ったかたは調べてもらっても
いいと思います。

 

ですが私としてはビジネスをはじめることをオススメします。
ビジネスとしても少額ではじめられるもの、つまり負債をかかえないビジネスを
はじめるべきです。

 

ビジネスは簡単には成功しません。何度も失敗し学ぶことによって成功します。
ですから時間とお金がかかります。少額でないと破産してしまいます。

 

失敗をするということは、くじ引きでいうとハズレだと考えてください。
くじ引きは何度も引けば当たりがでます。ですから量をかんす必要があります。
また、当たりを効率よく引く方法をハズレから分析しなければなりません。

 

資産を作るのには時間がかかります。すぐに始めることにより将来のリスクを
減らすことができます。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について