月収バロメーターは年齢×1万円 とどかない人

月収のバロメーターは年齢×1万円らしいです。
自分の場合は今年30歳を迎えますので、月収30万円がひとつのラインです。
残念ながらまったく届いておりませんでした。

 

それに加え毎年の昇給額は1万円に達しておらず差は開くばかり。
あなたの上司や先輩はいくら給料をもらっているのでしょうか。

 

このペースで行けば劇的な昇給は見込めないのは目に見えていました。
頑張りが足りないとか、自分で選んだ道だとか確かにそのとおりです。
かと言って転職をするにしても、目先の待遇で飛び移るのは
非常にリスクがあります。
これらの選択肢をつかむエネルギーはありますか。

 

年金で生活できず、死ぬまで働かなければならない

 

サラリーマンでの成果と収入アップは直結しているわけではない

会社でやったらやっただけ成果が受け取れるでしょうか。
相手があることなのでそう簡単にはうまくいきません。

 

これは、サラリーマンとして働く上で仕方のないことです。
特に日本の会社は年功序列が大半で、成果主義が取られてても
ベースから数%上がるぐらいです。

 

それならば、副業で収入を得る。
アルバイトをすれば自分の大切な時間がなくなってしまいます。
第一さらに働くなんて体が持たない。八方塞です。

 

ただただ自分の選んだ道を後悔し生涯を終えるレールに乗ってしまったのです。
これに気づいてしまうわけです。

 

 

経営者はあなたの給料より会社維持を優先する

経営者としても、自分や家族の生活を守ること、会社をつぶさないこと
これらが優先順位の上に来ます。

 

しかし経営者は、会社を経営するという最大限のリスクを背負っています。
ですから、上から順に給料をもらう仕組みになっています。

 

また年功序列ですので、長く勤めた人ほど、多少の上下はあれど
収入が高くなる仕組みになっています。

 

つまり、頑張った頑張らないよりも、長く働いている方が収入が多い
仕組みになっていることが多いです。

 

これは仕組みであり、簡単には変わりません。
ですので、このことに不平不満を言っても仕方ありません。
むしろ、この仕組みを変えるだけのパワーがあるなら潔く起業を
オススメします。

 

あなたは将来お金をいくらもらえますか

 

会社を維持するために必要な人材を目指す

では、この状況をどう改善していくかというと。
まず、あなたの考え方を変えなければなりません。
先ほど申し上げたとおり、頑張った成果より長くいたほうが給料が上がる
日本の一般的な企業システムですので、そこに入ったのであれば
まずはドップリ浸かるべきです。つまりは居場所の確保。

 

サラリーマンとして給料をもらっている状況であれば
極端な話、一日イスに座っているだけでも、仕事をしているフリをしていれば
給料はもらえる安定があります。

 

これは、あくまで考え方です。気持ちのスタンスとして、そう構えてください。
そして、今すぐ自分ひとりで頑張るのをやめてください。

 

極力仕事は手伝ってもらうようにお願いします。
上司、先輩、同僚、後輩だれでも構いません。

 

自分がやったほうが早いと思っても誰かに手伝ってもらってください。
当サイトを熟読し、手伝ってもらう方法を学んでください。

 

頑張りを分散させることにより、あなたに精神的余裕が生まれます。
そしたら、その中で一番手伝ってくれている人にあなたのポストを
任せてください。

 

仕事が溢れる前に考えること

 

 

あなたの仕事がうまく回る仕組みをつくる

あなたは空いた時間で、手伝ってくれている方々と
さらにうまくいく方法を打ち合わせする時間、仕組みを構築する時間を
作ってください。

 

最高の会議はタイムマシンに匹敵する

 

テンプレ化すればたくさんの人が手伝える

 

これができてくると、あなたは少なからずなんらかの仕事の核となる
人間となります。あなたがいることでうまくまわるような仕組みとなるため

 

会社はあなたのことを必要な人間とするでしょうから、ある程度の発言権が
出てくるでしょう。そしたら引き続き周りを巻き込み仕組みを作り上げてください。

 

先ほどサラリーマンは安定と述べましたが、リストラなどよっぽどのことがない限り
解雇にはしません。ですから失敗を恐れず、どんどん進めましょう。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について