お金が貯まらない人の共通点

世の中にはなぜかいつもお金がなく、どんなに働いても貯金が出来ない人がいます。
そういう人は決まって給料が安いせいだとか、一所懸命仕事をしても全く評価がされずに
会社での地位が上がらないと嘆いてばかりいます。
給料が安いとか会社で認めらないからお金が常にないのでしょうか。
確かにこの考え方は一理あります。
会社はあなたが満足いく給料を払ってくれるわけでは、ありません。
ですが、そこで立ち止まっていてはどうにもなりません。

 

基本的にお金の貯まらない理由はただ一つです。
入ってくる収入より使うお金が多いからです。
どんなに給料が安くても使う金額が収入より少ない場合はお金は貯まります。

 

それではなぜ使うお金の方が多くなるのでしょうか。その理由はいくつかが考えられます。
まず自分の収入に合っていない生活をしている場合です。

 

次に趣味などが多彩で生活費以外にお金を多く使う場合です。
又衝動的に不必要な物を多く買う人もいるでしょう。

 

これらに共通していることは、計画的にお金を使っていないと言うことです。
今自分はどれだけのお金を持っていて、今後どれだけのお金が入ってくるのかを
しっかり把握せず、無計画にお金を使った結果。
給料日前に持ち金がゼロになってしまい借金に走るような生活をする事になるのです。

 

クレジットカードはとても便利なツールです。
たまたま手持ちがない時でも、支払いを後回しにして買い物ができるからです。
カードによってはポイントが溜まったりといい点もありますが、問題は「考え方」です。
【今お金がない→後払いで分割にしよう→1〜2か月後もお金がない→また後払いで分割にしよう】
カードは使い始めると、支払いを後回しにしてしまうため、お金の感覚が薄くなる恐れもあります。

 

一度借金などをすると、今度はその利息を払うために余計な出費を強いられるようになり
そのためますますお金がないという悪循環に陥ります。
こうなるとなかなかお金がない生活から抜け出ることが出来ません。

 

また人によっては、付き合いや仕事という名目で飲み会や遊戯代につぎ込む人もいると思いますが
これらも自分の生活ランクに合わせて見栄を捨て節約すれば、自然とお金は貯まってきます。

 

お金の貯まらない人、お金のない人の多くはこれら無計画や
自分の生活ランクを無視して見栄だけでお金を使う人達です。
このような生活をしていても前に進むことはありません。

 

またそのような生活が会社への依存度を大きくしてしまいます。
欲求不満のスパイラルで会社に依存してしまう

 

つまり会社で認められない欲求不満を、見栄という形に置き換えてなんとか
気持ちの均衡を保とうとしているわけです。
この堂々巡りが出費を加速させていることに気づかなければいけません。

 

頑張りが会社で認められないのであれば、その頑張りを自分に向けて
別な収入を確保するために投資をするべきです。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について