なぜ給料日前になるとお金がないのか

私も、もう何度もこの問いかけを自分自身に投げかけてきました。
まわりの人も冗談交じりではありますが、お金がないと嘆いています。
では、改めてこの質問に対して真面目に考えてみることにします。

 

まず一つ目は「収入が少ない」ということです。毎月の稼ぎが少ないから
給料日前ごろには残額がほぼない状態になってしまう。たとえ節約を心掛けても
年に数回は何かしら大きな出費はあるものです。
その結果、貯金もままならなずにお金がない、ということが考えられます。
またサラリーマンは収入が上がりづらいということも認識しておくべき
ことです。

 

月収バロメーターは年齢×1万円 とどかない人

 

二つ目は「支出が多い」ということです。
無駄遣いが多いといえばわかりやすいでしょうか。
欲しいものを我慢せずに買ってしまう。余計なものをつい勢いで買ってしまう。
高価な買い物が多い、など収入に対して支出が多すぎると当然お金は貯まりません。
たとえ多くの収入を得ているとしても、支出とのバランスが取れていなければお金は残りません。

 

ストレスがあなたの財布に穴をあける

 

基本的にはこの二つで説明がつくかと思います。
+(収入)が少ない、あるいは?(支出)が多い。もしくはその両方かです。
ただし、ここで気づくことが一つあります。
それは、毎月の収入については皆さん理解しているかと思いますが
支出の方は意外と把握していないのではないでしょうか。

 

収入は毎月、給与明細書を渡されると思うので確認は出来るでしょう。
しかし支出については家計簿をつけるか、支払いを全てクレジットカードで
済ませていない限り正確には把握できないでしょう。

 

自分が何にお金を使ったのか、こまめにチェックしておけば
余計な支出を抑える歯止めになるのではないでしょうか。
毎月、給料日前になるとお金が手元に残っていないという人は
一度、自分の支出をチェックするべきです。

 

今から誰でも出来る方法は、支出を抑えることです。
「なぜお金がないのか?」と思ったらまずは毎月の支出をチェックしてみましょう。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について