管理の3種の神器A 基準書

一覧表により、何を管理するのかをリストかした上で、続いては
基準書を作ります。
基準書とは、つまり管理するもの何を管理するのか。
またOKなのかNGなのかの基準を決めること、またその判断はどこを見ればわかるのか。
どのタイミングで基準をチェックすればよいか、ひとつひとつ決めていくことです。
つまり基準書には「5W1H」が必要になります。

 

「5W1H」とは
 (When) いつ  → どのタイミングで?
 (Where) どこで  → どの場所を?
 (Who)  だれが → チェックする人はだれ?
 (What) なにを  → どこを見ればわかる?
 (How)  どうやって → OKとNGの判断方法は?
 (Why)  なぜ   → チェックしないとどうなるうか?
です。

 

小学校であった記憶がありますが、掃除の点検表も立派な基準書です。
床にゴミがない。机とイスがきれいに整頓されている。 とういった具合に基準が
決まっており、それなりになっていればOK、みんなが見てNGであればやり直し
というケースです。

 

これは置き換えれば
 (When) いつ  → どのタイミングで?      → 掃除が終わった後
 (Where) どこで  → どの場所を?         → 掃除した場所
 (Who)  だれが → チェックする人はだれ?    → 掃除した人、みんな
 (What) なにを  → どこを見ればわかる?     → 掃除した場所
 (How)  どうやって → OKとNGの判断方法は? → 目で見て確認。
 (Why)  なぜ   → チェックしないとどうなるうか? → 教室が汚れる                            

 

となります。
NGだった場合の影響がなければ、基準もゆるゆるとう物もありです。
しかしながら、判断を誤ると重大な失敗を起こす項目については、基準をしっかりと
決める必要があります。
例えば39度以上だったら即入院とか、製品の寸法が40mmを越えたらNGとか
こういった場合のように、なるべく数値で基準を決めることが望ましいです。

 

このようにして、一覧表にあるもの全てに基準書をセットします。

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について