管理する人は何する人か

サラリーマンなどの組織でもそうですが、組織のピラミッドの
上に行けば行くほど、給料が高くなります。

 

給料が高いということは、つまりその組織の中での
存在価値が高いということです。
もしくは今まで会社に貢献しまくった人です。
※「今まで」ということで、現在どうなのかは問われない場合がありますが。

 

組織の上の人と下の人では決定的な違いがあります。

 

それは何かといえば、管理しているかしていないかです。

 

下の人であればあるほど、自分の与えられた時間の中で
与えられた仕事をこなすことが重要になります。
つまり1人分の給料で1人分の仕事(作業)をすればいいわけです。

 

上の人はどうでしょうか、上の人はチームリーダーであり
部下がいるわけです。
つまり彼らの仕事を管理しているわけです。

 

大きな仕事になればなるほど、自分ひとりでこなすことは
できなくなります。

 

つまり他の人と協力して成果をあげるわけです。

 

そして1人の給料で何人分もの成果をあげなくてはいけません。
与えられた時間は、下の人とほぼ変わりません。

 

ですから単純に考えて、何人分の成果を自分で出すには
下の人の何倍ものスピードで働かなくてはいけないことに
なります。

 

しかし、それは物理的に無理です。

 

それでは、上の人が何をやっているかというと
下の人たちが成果を出せるように、環境を整えているということです。

 

チームで動いていて、進まない所を見つけ出し、解決することです。
与えられた人員を進まない所に応援にまわしたり
また、他の部署に協力をお願いしたり、ルールを決めたり
することです。

 

うまく立ち回ることにより2人分、3人分の成果をあげること
これが上の人の役目です。

 

上の人は、外側から眺めて間に合わないところをチェックします。
その部分をどうしてら間に合わすことができるかということを
考えて対処することになります。
これは間に合わないから自分で手伝うということとは次元が違います。

 

管理というのは、基準を決めて、基準からはずれたら修正する
ことを言います。
管理ってなに?

 

基準からはずれるポイント、つまり間に合わない所を掘り下げて
解決策を導き出せばいいわけです。

 

これができる人が少ないので、存在価値が高くなり、給料が高くなる
わけです。

 

ぶっちゃけた話を言えば、全てが基準内に収まっているのであれば
管理する人は何もしなくてもいいのです。
またそのような仕組みを作った優秀社員は会社でも評価されてさらに
上のポジションが与えられます。

 

そしてそのノウハウは、そのまま自分のビジネスに転用できます。

 

まずは自分でビジネスを生み出し、管理ルールを作り誰かに管理させる。
これができれば、あなたが不在でも収益が上がるビジネスができます。

 

そしてこのシステムをまるごと誰かに売ってシステム使用料をもらうこともできます。
これをフランチャイズといいます。

 

社長が現場にいないのに仕事が回るのは、その仕組みができているからです。
そして仕組みを作った社長はその収益を得ることができます。

 

管理はなかなかうまくいきません。
ですからその報酬が高いといえます。

 

今管理する職務の人、これから管理者になる人も、このことを認識し
学んでください。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について