やめられないビジネスには手出し厳禁

新たにビジネスを始めるにあったては、初期投資はできるだけ少なくしてください。
つまりスモールビジネスで小さく挑戦し、小さく儲けるところから
始めてください。

 

そしてビジネスをやってみて、これはどうやってもダメだな
と思ったらすぐさま中止し、戦略を立て直し再開するのか
完全にやめて、次のビジネスに挑戦するのか決断を
しなくてはなりません。
それができずズルズル引っ張ってしまうようでは
損失が大きくなるだけです。
そういうビジネスをやってはいけないのです。

 

はじめから大金をつぎ込んだり、ましてや借金までして
ビジネスを起こすのは危険です。いきなり脱サラして
収入源を断ってビジネスをやろうとするのも同じです。
失敗したら次がありません。

 

ビジネスをするのには、まとまったお金が必要だと
考える人がいますが、まとまったお金がまとまって無くなるだけです。

 

そもそも、小額でもまだ稼げていない未熟なビジネスモデルには
失敗する要素がたくさんあります。それらをリスクが少ないうちに
解決し、しっかりと収益を上げれるようにできなければ
あなたのビジネススキルが足りないということに他なりません。

 

高いところからジャンプして着地するイメージを思い浮かべてください。
ビルの屋上からジャンプして無事着地することができるでしょうか。
無事着地できたら、あなたは奇跡のスタントマンとして一生
お金に困らない生活を送れるかもしれませんが、たぶん死ぬでしょう。

 

この高さが、つぎ込むお金だと思ってください。高いところからジャンプして
着地するには、低いところで練習したり、着地しても致命傷にならないように
クッションを準備したりすると思います。

 

こう考えれば、すぐに理解できると思いますが、残念ながらビジネスとなると
考えなしに飛ぼうとする人が多数います。間違いなく死にます。

 

これはお金だけの問題ではありません。あなたのビジネスに巻き込む人たち
にも同様のことが言えます。それはお客様であったり、支援者や従業員も
含めてです。そしてあなたの大切な家族です。

 

この人たちにも、この人たちの生活があり、生き方があることを忘れないでください。

 

あなたのおかげで、みんなビルの屋上からジャンプしなくてはならない状況に
なることは避けましょう。

 

そういう状況に陥らないために、極力リスクがないところから始めて
収益が出るようにビジネスを組み立てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について