あなたが売らなければならないもの

自分が他の誰かより得意なこと。その中にビジネスのヒントがあります。
それは、超一流に優れている必要はありません。

 

超一流でないとビジネスができないのであれば、この世の中の企業は
全部超一流ということになります。
あなたがどこかのお店に行ってムカツク対応されたことがあるように
全てのビジネスがそうではないことをわかっていただけると思います。

 

1、他の人よりも少し優れていること。
2、他の人でも、やればできるが面倒だから自分でしないこと。

 

この組み合わせでサービスは成立します。
これは別に突拍子もない革新的になアイデアである必要は
ありません。

 

先ほどの内容を突き詰めていけば、よりアイデアが洗練され
革新的なものに近づきます。

 

もっと掘り下げていえば、他人から感謝されるということ、これを
突き詰めればサービスとして成立します。

 

他人から感謝されるということは、相手とすれば、大なり小なりありますが
あなたは恩人ということです。
いいかえれば、あなたのファンということになります。

 

あなたの商品やサービスを売って自分が儲かるということは
もちろん大事ですが、その前提としてあなたから買いたい
という、ファンを作ることがもっと大事だということを
覚えておいてください。

 

相手が困っていること、相談されること、不平不満があること
それらは全てニーズとなります。
ということは、それら全てが商売のヒントになるということです。

 

過去にそれを解決し感謝された事例があると思います。

 

1、なぜ困っていたのか
2、なぜ自分が感謝されたのか

 

そこにビジネスのヒントがあります。

 

自分ができないことでも、他の人があっさりできてしまったり
またその反対もに自分が簡単にできても、他の人はなかなか
できないことがあります。
それが何であるかを考えてください。

 

部屋の片付けはできるけど、したくない。
料理だってやろうと思えばできるけど、めんどくさい。
やろうと思えばできるけど、誰かにやってもらいたい。
やりたいけれど時間がない。
あなたにも当てはまることがあると思います。
それはほかの人も同じことを考えているというこです。

 

また、できなくて困っている人たちが、どこに集まっているのか
どうしたら、その人たちに自分を知ってもらい、提供することが
できるか考えてください。

 

いくらあなたが代わりにできると思っていたとしても
相手はあなたの存在を知らなければ、お願いすることもできません。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について