まずはスモールビジネスをはじめる

 

あなたが新たにビジネスを始めようと思っているのであれば
私はお金のかからないビジネスを推奨します。

 

どうしても、ビジネスを始めようとする場合
多額の開業資金がいると思ってしまいがちですが
あまりお勧めできません。

 

それはなぜかというと、多額の開業資金がいるビジネスを
始めるとほぼ失敗するからです。

 

失敗というのは、成功する前にあきらめることです。
つまり何らかの理由で続けられなくなることを指します。

 

多額の開業資金をかけてビジネスを始めたとしても
その資金が回収できなければ、資金が底をついてしまい
継続できなくなれば、それは失敗です。

 

ですので、スモールビジネスから始めたほうがいいです。

 

失敗しても大怪我しないスモールビジネス

スモールビジネスとは、小額の資金から始められるビジネスです。
小額はもとより、ほぼ0円から始められるビジネスを指します。

 

失敗しても、お金の面で負担にならないビジネスです。
これであれば時間が許す限り、何度でも挑戦できます。
何度でも軌道修正できます。

 

スモールビジネスをあきらめずに続けていくと、いずれ収入が
少しずつ入ってきます。

 

また収入が入ってくる、つまり売れる方法(サイクル)がわかるようになってきます。
それがある程度、間違いないというラインまで見極めたところで
少しずつビジネスを大きくしていきます。

 

売れるサイクルを見極めてからビジネスを少しずつ成長させていく

ビジネスを大きくするということはつまり、お金を投資し
ビジネスの機会、頻度を上げるということです。

 

それはつまり、あなたが売り上げを伸ばすための重要な作業に集中し
重要でない作業を外注やアルバイトにまかせるということです。

 

お金を使って、時間を買うことにより、あなたのビジネスの機会を
増やすことです。

 

あなたが学んだ売れるサイクルをできるだけ何度も回すことで
売り上げが伸びていくことになります。

 

ですがやはり注意しなければならないのは、少しずつ成長させていく
ことです。うまくいく方法が見つかったとしても、いきなり多額の資金を
投入してしまうと、仮にうまくいかなくなった場合、修復が困難になります。

 

スモールビジネスを増やしリスクを減らす

ひとつのスモールビジネスが軌道にのったからといって
それ一本に集中するのも危険です。

 

ある程度のところまで目処がたったら、新しいスモールビジネスを
また始めるできです。

 

うまくいっているビジネスが、いつおかしくなるかわかりません。
競合他社が乗り込んでくる可能性もあります。

 

ですから、複数スモールビジネスを持ち、どれかがダメに
なったとしても、他で補えるような状況を目指すべきです。

 

これは株やFXなどの投資と同じ考えです。

 

またその状況のほうが、精神的にも負担が少なく
冷静な判断がしやすいです。

 

スモールビジネスで修行し売れる法則を見極める

スモールビジネスにより失敗しても致命傷にならないもので始め
その中で、少しずつ売れる研究をしてください。

 

それら法則は実は他のビジネスでも十分通用することが
多々あります。

 

つまり売れる法則とあなたのアイデアで様々なビジネスを
作り上げることができるということです。

 

少しずつビジネスを増やしていき複数の収入源を確保することを
目指してくさい。

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について