最高の会議はタイムマシンに匹敵する

会議や打ち合わせはなんのためにするのでしょうか。
わざわざ、みなさんの貴重な時間を調整し集まるわりには
特に何が決まったわけでもないなんてことはありませんか。
会議はお昼寝タイムではありません。

 

おそらく会議というものは、目的があっておこなうものだと
思います。
そして、自分ひとりでは解決できない問題だから参加者の
意見を聞き、最終決定をする場所だということです。

 

会議がうまくいくとどういうことがおきるのか。
たとえば、やらなくてはいけない仕事というのがアイデアに
よっては仕事量が半分になったり、誰かに手伝ってもらうことになったり
さらにいけば、そもそもその仕事すらしなくていいアイデアに
到達したりします。本来の会議のゴールはここにあります。
まさにタイムマシンに乗った状態です。

 

参加者が時間を割いて集まっているのだから、それ以上の時間
短縮ができれば、会議は大成功ということです。

 

ただ会議には大切なことがあり、参加者がそれを理解していないと
会議はうまくいかないということです。

 

ひとつは、いまやっている活動の最終目標。もうひとつは会議の目的です。
参加者が今どこに向かっていて、どうしたらそこに最短で行けるかを
理解できなければ前に進みません。
この最初の二つについては、初めに宣言しておくか、ホワイトボードや
配布資料があれば記載しておくべきです。

 

そして話題がそれて来たら、最終目標と会議の目的を再確認してもらい
軌道修正します。

 

会議がうまくいけば、参加者はタイムマシンに乗れます。
1日、2日、場合によっては1ヶ月や1年も不可能ではありません。

 

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について