仕事が溢れる前に考えること

個人事業として、ビジネスが軌道に乗ってくると
どうしても自分ひとりでは、間に合わない瞬間が訪れます。
仕事が決まるタイミングは重なる場合が多く
ビジネスとしてこれ以上ない喜びですが、それと同時に
間に合うのかという不安にかられます。

 

こうなってくると、今の仕事に専念せざるをえないため
明日へつながる営業活動がおろそかになってしまいます。
その結果、大きな波を越えたと途端に次の仕事が
ないという状況に陥ってしまいます。

 

そこで、今ある仕事と次の仕事を取りにいく営業を
同時進行で行えるように
仕事をほかの人に頼む外注やアルバイトを雇い
手伝ってもらうということになります。

 

しかしながら、外注さんにお願いしても思ったとおり
作ってもらえない。納期が間に合わない。
また、アルバイトを雇ったとしても、即戦力にならない
という問題が発生します。

 

他人は自分とは違うので、同じようにできません。

 

それなら自分でやったほうが間違いないということで
無理してしまうと、体を壊してしまいビジネスが長続きできません。

 

ですので時間はかかりますが、ビジネスを大きくするためには
仕事の標準化(テンプレ化)を行い教育することが必要となってきます。

 

あなたの業務を洗い出しテンプレート化する

それでは、仕事の標準化、テンプレ化とはいったい何でしょうか。
テンプレというのは、テンプレートの略です。
身近にあるテンプレートとしては履歴書があります。
履歴書は、市販されているものはほぼ同じ形式となっており
記入内容も決まっています。ですので、記入箇所が空欄であることで
そこを埋めなければならないということになります。
逆に履歴書がない世界だとしたらどうでしょうか。
ある人は面接に名前と住所だけしか書いていない紙を持ってきたり
チラシの裏にマジックで書いてくる人もいるかもしれません。
みんなそれぞれ違う項目を勝手に作って来るので比較するほうも
非常に大変になります。
世界を見渡せば、オリジナルな履歴書をデザインし評価する企業も
ありますが、作るほうも大変です。

 

ですから、ある一定の水準にあるひとであればできる型
つまりテンプレートが必要になるわけです。

 

これを実際のビジネスに置き換えます。
ある一定の水準にあるひとであればだれでもできる作業に
あなたの仕事を分解します。
これが標準化、テンプレ化です。

 

テンプレ化を行う上で大事なこと

テンプレ化する上で大事なことは
あなたが無意識で判断している部分をしっかりと
伝えなくてはいけないということです。

 

例えば、相手に「右手を上げてください」といえば
伝わる人はたくさんいます。
しかしながら、「魚を買ってきてください」というとどうでしょうか。
自分は食べるためにマグロの刺身をイメージしたとしても
相手は焼き魚のためのサンマを買ってくるかもしれませんし
酒の肴と勘違いをして、おつまみを買ってくるかもしれません。
また、熱帯魚を買ってくる可能性だってあります。

 

テンプレ化のコツは双方の理解レベルを合わせること

お願いする側とされる側の双方の理解力がなければ
お願いする側の満足した結果は返ってこないということです。

 

ではどうしたらよかったでしょうか。

 

「近くのスーパーに行って、マグロの刺身を買ってきてください」
と言えば、前よりは結果は期待できます。

 

しかし、近くにスーパーを知らず遠くまで行ってしまったり
1個でいいのに10個買ってきてしまったりするかもしれません。

 

さきほどの繰り返しですが
お願いする側とされる側の双方の理解力がなければ
お願いする側の満足した結果は返ってこないということです。

 

そこまで仕事をテンプレ化するときは、掘り下げる必要があります。
そして仕事が手に負えなくなる前に、できる人を教育していく必要があります。

 

クラウドソーシングで外注する

クラウドソーシングを知っていますか?
パソコン内でできることであれば、ネットを介して外注することができます。
・ロゴ、イラスト、バナーの作成
・ブログ記事や文章、レポートの作成
などなど、外注できることは多々あります。
下記に紹介します。

 

ランサーズ


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

クラウディア


 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について