あなたは将来お金をいくらもらえますか

あなたは将来いくらお金がもらえるか計算したことが
ありますか。また、10年後、20年後、30年後
あなたの年収はいくらになっているでしょうか。

 

生涯賃金という言葉があります。
これは生涯サラリーマンとして働いて給料をどれくらい
もらえるかということです。

 

たとえば年収250万円だったとします。
20歳から働いて60歳で定年退職とすると40年です。

 

250万円 × 40年 = 10000万円 = 1億円

 

昇給や昇進などがあればもっともらえると思います。
会社の業績が上がればその限りではありません。

 

しかしながら、年収が倍になるには、どれくらいかかるでしょうか。
例えば、毎年1万円ずつ昇給したとします。
(私の場合はそこまで昇給しませんでしたが、簡単に計算するためです。)

 

1万円の昇給は年間12万円です。

 

250万円 ÷ 12万円 ≒ 21年

 

年収250万円の人が年収が倍になるのに21年かかります。
また定年までの年収もだいたい予想がつくことがわかります。
さらに言えばサラリーマンで年収1000万円レベルの人は
ほんと一握りです。全員がなれるわけではありません。
あなたの先輩や上司はいくらもらっているでしょうか。

 

これが現実です。

 

サラリーマンは、ある程度の安定した収入と引き換えに
この給料で働いています。
リスクを最小限に抑えている分、リターンも最小限だということです。

 

銀行に預金してもらえる利息と、株式に投資して得た利益が
全然違うことと同じです。
ただ銀行の預金はよほどでなければ、なくなりませんが
株式投資は失敗すれば、すぐにお金はなくなります。

 

会社としては、あなたに与えられた役割をこなしてもらえばいいだけです。
それをこなしてもらえる最低限の給料しか払いたくありません。
もしくは、払うことができません。
嫌なら、ほかにやってくれる人を探すまでです。

 

しかし20年後、30年後もその会社が存続している保障は
どこにもありませんし、存続していたとしてもリストラされたり
体を壊してやめてしまうかもしれません。

 

実は非常に不利な状況におかれているということです。

 

私自身、そのことを最初に考えた時、非常にショックでした。
すでに生涯に渡って自分のところに入ってくるお金は、だいたい
検討がついてしまいます。2〜30年、檻の中に入れられている
ような気分になってしまったことを覚えています。

 

ですがそれが、会社に就職しての安定ということになります。

 

もっと給料がいい会社に転職したとしても、仕組みは変わりません。

 

私はサラリーマンで働くのがいけないと言っているわけではありません。
いきなり会社を辞めて独立すると失敗します。
独立して起業することは、もっと辛く大変なことで、収入も安定する
保障は一切ありません。安定とはまったく正反対の場所にいるわけです。

 

ただ、本当にあなたが重要としているのが安定なのかを、よく考えてもらいたい
と思います。
会社で起こる不条理なこと、辛いこと、すべて決まった給料がもらえる安定と
引き換えていることです。
そうなれば、不平不満でグチをこぼす時間があるのであれば、どうしたらもっと
よくなるか考える時間に充てたほうがいいと思います。
それができるようになるだけで、周囲からは一歩抜きでる優秀社員となります。
生涯年収も少なからずアップします。

 

あなたの将来のプランと、現実を見極めてどうしたらいいか考える必要があります。
もっとお金を稼ぎたいと思いながらも、いつもと変わらない生活を送っていると
いうことは、将来について考えていない証拠です。

 

あなたの生涯賃金がいくらなのか、あなたの生涯設計とマッチングしているのか
よく考えてみてください。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について