会社は給料をむやみに上げると倒産する

満足のいく給料をもらっていると言えますか。
そうであれば良いのです。

 

反対に自分の会社への貢献度に対して
受け取る給料の額が少ないと思っている人の方が多いのでは
ないのでしょうか。

 

また周りと見比べて、仕事をしている人もしていない人も
それほど差がないことに気づいているでしょうか。

 

自分のほうがあいつより2倍仕事をしているからと言って
給料が2倍になるということは、ほとんどありません。

 

逆に自分のほうが労働時間も長く、場合によってはサービス
残業までしている状況ではないでしょうか。

 

会社としては、会社がなくならないようにするのが第一目標です。

 

あなたの給料を上げるとかの話は二の次というか、だいぶ後回しです。
会社が給料を払うのは、あなただけでなく従業員全員に払うという
考え方です。

 

あなただけひいきにすれば、またいろいろと面倒になります。
しっかりとした評価基準が既にある会社ならまだしも
評価基準を作ろうとすると、基準を作り調整し
評価するほうも教育するなど仕組みづくりで莫大なコストがかかります。

 

また評価基準を新たに作ったとして、それに従業員を当てはめて
みたら評価よりも高く給料を貰っていた人がいたとします。
ですが、厳罰でもない限りむやみに給料を下げることはできません。

 

そうなると、給料を上げるだけになってしまい、そこでもコストが発生します。
果たしてその莫大なコストアップに会社は耐えられるでしょうか。

 

ですから、それなりにしか給料アップの差はつけられません。

 

しかし将来はしっかりとした評価基準をつくり給料体系を
見直そうと準備している素晴らしい会社もあると思います。

 

将来までには時間が掛かります。あなたも年をとります。

 

会社はあなたにイジワルしているわけではありません。
会社をなくならないようにするために仕方ありません。

 

先ほどのように、払いたくても払えない仕組みになっています。
ですから、給料が低くて生活できなくてやめる人間が続出しないレベルでの
給料設定にしています。

 

そうすることにより、少しでも会社に利益を温存し、倒産しないように
工夫するわけです。このことを理解してください。

 

ですから給料が簡単に上がらないのは、自然なことと割り切り
あなたの日常の仕事はあなた自身のレベルアップの為だと思い
仕事をすることです。

 

あなた自身のビジネススキルをレベルアップすることにより
今後の準備としてください。
それはあなたのビジネスを考え複数の収入源を得るための
トレーニングになります。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について