知ったかぶりで損益計算書を読むC

前回知ったかぶりで損益計算書を読むBにて
作った損益計算書は、会社の本業とそうでないものを合わせた利益
経常利益まで出すことができるようになりました。

 

損益計算書 経常利益

 

さて見たところ、本業とそうでないものの合わせた利益まで出したので
これ以上もう無いだろと思ってしまいますが、実はあります。
特別利益と特別損失です。文字通り特別何かあったのかというものを
追加します。

 

特別ってのは何なのでしょうか。文字通り、いつもは無いけど(経常ではないけど)
今回特別に発生したものになります。

 

特別利益で言えばオフィスや車(固定資産)を売ったり、子会社や株を売ったり
して利益が出た場合です。
今回は社用車を売った利益が5万円だったとします。

 

特別利益 5万円と書きます。

 

特別損失は、どんなものがあるかというと、さきほどのオフィスや車(固定資産)を
買ったり、子会社や株を買ったりした場合。また火災や盗難などの被害にあった場合の
損失などです。
今回の場合、特別損失は、特に無かったとします。

 

特別利益 0万円と書きます。

 

経常利益33万円でした。クルマを売った特別利益が5万円入りました。
特別損失は今回特にありませんでしたので38万円になりました。

 

税引き前当期利益 38万円と書きます。

 

税引き前!? そうです。税金をまだ払っていません。
法人税の細かい話は、知ったかぶりなので割愛します。
ここはリアリティを度外視して8万円の税金を納めたとしましょう。

 

法人税などの税金 8万円と書きます。

 

税引き前当期利益が38万円でした。そこから税金を8万円
払いましたので、残りは30万円。すべてのお金の出入りは
これにて完了です。今期の純然たる利益が会社に30万円
残りました。

 

当期利益(純利益) 30万円と書きます。

 

それでは並べてみましょう。

 

損益計算書 例

 

知ったかぶり損益計算書の完成です。
細かい部分はだいぶ省きましたが、おおまかな構造を理解できましたでしょうか。

 

ちなみに純利益については、株主に配当したり、役員報酬にまわしたり
また会社の体力づけのため、社内でためておく内部留保などに使います。

 

私自身も入社したての頃は、上司に損益計算書を読めるようにしておけ
と言われ、いろいろ調べたり本を読んだりしました。
非常に親切に書かれているサイトや書籍がたくさんあります。
まったく知らない自分にとっては、膨大な情報と数字を前に、睡魔に襲われた記憶があります。

 

ここまでで損益計算書の背骨の部分を知ったかぶりレベルでざっくり解説しました。
損益計算書は年単位と説明しましたが、もちろん会社の実情を確かめるために
毎月の月次損益計算書を作成し今月はどうだったかとか分析は必要になります。

 

これを理解したうえで、細々とした内容を勉強し、理解を深めていってください。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について