知ったかぶりで損益計算書を読むB

知ったかぶりで損益計算書を読むA
本業でどれだけ儲かっているかがわかるようになりました。
これでもうあなたは損益計算書を知ったかぶりレベルは
相当なものです。

 

知ってる人には鼻で笑われるかもしれませんが
知らない人には先生と呼ばれるかもしれません。
すばらしいことです。
わかったことはガンガン教えてあげましょう。

 

では、先回までに作ったもの見てみましょう。

 

損益計算書 営業利益

 

営業利益で、ビジネスをやることにおいてどれだけ利益が
稼げたかを見ることができました。

 

次はビジネスの本業以外、つまり副業やその他の収入
支出があったかどうかを書きます。これを営業外とします。
営業外は銀行や株などの金融活動とその他収入、支出だと
ざっくり覚えてください。

 

どんなものか事例をあげると、銀行などの利息や
家賃収入、自動販売機を設置して手数料が入ってきたとか
株で儲けたとか、いらないものを売ったとかです。
これらをまとめて5万円収入があったとします。

 

営業外収益 5万円と書きます。

 

同じように本業以外で費用が発生した場合も書きます。
たとえば、借金をしていた場合の利子、損害賠償金や
罰金、支払い忘れによる手数料、株の売買での損失などが挙げられます。

 

株で失敗したことにして2万円マイナスになった場合

 

営業外費用 2万円と書きます。

 

本業だけで30万円の利益を出しました。そこに本業以外の収入が
5万円。株で調子に乗って失敗した損失が2万円です。
本業と本業以外での利益を合わせると33万円になりました。

 

経常利益 33万円と書きます。

 

並べてみましょう。

 

損益計算書 経常利益

 

これにより、あなたのビジネスの本業と本業以外を含めて
どれだけ儲けたのかというのがわかります。
会社の実力はこの経常利益がいかに高いかというもので
判断します。

 

ニュースで言われる、増益とはこの経常利益が前の期間(昨年度)より
増えているということ。
減益とは経常利益が前の期間(昨年度)より減っているということです。

 

ついでに増収、減収という言葉もセットで使われます。
これは売上高のことです。

 

増収減益は売上高が増えているが経常利益が減っていることです。
なんだか昨年度たくさん売れたけど、儲かってないじゃん。ということです。

 

減収増益は、さきほどの逆で売上高は減っているけど、経常利益は
増えているということです。
売上は低迷したけど、いろいろ頑張って経費を抑えたり、儲かる商品が
売れたりして利益が出たよ。ということです。

 

新聞だと、その後になんでそうなったかが書いてあります。
「OOが好調」とか「OOが不振」とかあるので、これのおかげでこうなったのか
とフムフムできるわけです。

 

経常利益まで理解できれば
あなたは、かなりの知ったかぶりレベルに達したことになります。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について