5Sとは?

※リンゴのスマホの話ではありません

 

自分が働いている方で「5Sをしっかりすれば儲かる」と言われたことありますか?
5Sとうものは職場を効率化するための方法です。
工場などの製造業では特に、5S活動や5S運動をほとんどの企業が
取り組んでいます。
もちろんこの手法は製造現場だけではなく事務所にも応用が可能です。
また病院や介護施設など様々な分野で取り組みが拡がっています。

 

そもそも5Sとはいったい何のことでしょうか。なぜ5Sをすると儲かると
言われているのでしょうか。
5Sというのは

 

1S、整理(せいり)
2S、整頓(せいとん)
3S、清掃(せいそう)
4S、清潔(せいけつ)
5S、躾(しつけ)

 

すべてローマ字読みをすると「S」から始まり5個あるので5Sと言います。
そして、整理・整頓で2Sと呼ばれたり、整理・整頓・清掃で3Sと
呼ばれたりします。なんだ掃除すればいいのか、というと考え方が違います。

 

それぞれの意味をざっくり説明したいと思います。

 

1S、整理(せいり)
   必要なものと不要なものを分けて、不要なものを捨てる

 

2S、整頓(せいとん)
   残った必要なものを頻度にあわせて、すぐとれるように配置する

 

3S、清掃(せいそう)
   整理・整頓された状態に戻す。

 

4S、清潔(せいけつ)
   清掃をするルールを作り、やめない。

 

5S、躾(しつけ)
   ルールがない場所へ、または新しく配属になった人へ展開する

 

ということになります。そして注意しなければいけないのが、1番目の整理から
必ず取り掛かることです。なぜなら2番目の整頓から取り掛かると、整頓は
「残った必要なものを頻度にあわせて、すぐとれるように配置する」ですので
なんでもかんでもゴミでも配置しなければなくなりますので、大変な労力を
使います。
家で考えれば、クリスマスツリーと五月人形と門松が全部一緒に並んでいる
状態です。果たして効率的でしょうか。
3番目の清掃から取り掛かるとどうでしょうか。まず失敗します。
ぐちゃぐちゃの部屋にいきなり掃除機をかけたとろで1日かけてもキレイなりません。
ですから1番目の整理から順番に進めていくことです。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について