架空のお客様を作り出すトーク

商談の際に、あなたはどうやって商品を紹介しますか。
ひたすら商品の利点や価格などの話をしても
お客様は聞いてくれません。

 

お客様が聞きたいのは、その商品の話ではなく
それを使用したお客様自身がどのような変化をするかです。

 

化粧品であれば、それを使って肌がキレイになる…
ではなくて、肌がキレイになったらどのようなメリットが
あるのかを知りたがっています。

 

それではどうやって話題を切り出すのか
架空のお客様の事例を作り出し、紹介すればいいのです。
言い換えれば、自分の商品をお客様の立場になって
どうなるかを考えるということです。

 

こういったお客様がいましたと、話すことにより
より商品の話に立体感が出てきます。

 

次にお客様に似たようなことで困っていませんかと
問いかけてみてください。

 

自分で作り上げた架空のお客様に
困っている事例を付け加えていきます。
そうすることにより、より相手に伝わる
商品紹介ができます。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について