お客様にいらないと言われた時の対処法

断られてしまった

営業をしていく上で、断られることは当たり前のように
多々あります。ご存知でしょうか。

 

そんなこと、よくわかってると言いたくなりますが
ではなぜ断られたことにショックを受けなくては
いけないのでしょうか。

 

私も営業をしていて断られることは多々ありました。
ショックでなかったと言えばウソになります。

 

ですが、ちょっと考えてみてください。

 

「いらない」というのは、いつの話でしょうか。

 

おそらく(今)いらないということだと思います。
逆に考えれば、明日いるかもしれないし、10年後に
いるかもしれません。1か月前なら必要だったのかも
しれません。

 

お客様から重要なヒントを与えてもらっていることに
お気づきでしょうか。

 

今日は断られたが明日以降はわからない

いらないってのは、明日以降に来てくれということです。

 

ですが明日行ったところで、必要とされるでしょうか。
1ヶ月後、半年後どうでしょうか。
とりあえず1ヶ月待ってみましょう。そんな人を30人見つけて
1日1件こちらは毎日どこかを訪問しているのにも
関わらず、相手の状況は勝手に変わります。
こちらは別なところに回るのが大変で中々行けない状況で
相手としては適度なタイミングでしつこくない営業と
と印象付けられます。

 

「いらない」と言われショックを受けている暇はありません。
次のお客様が待っています。いる人を探してあげないといけません。

 


HOME 当サイトについて お問い合わせ 寄附金について